読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハウス・リースバックBlog

【ハウス・リースバック】住みながらその家を売却できるサービスを紹介するブログです

【キャピタルゲイン還元制度について】

こんにちは!! ハウス・リースバック事業部の矢倉(やぐら)です。
 
だいぶ暖かくなってきておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
 
私はこの春よりハウス・リースバックをお取組頂いている方の
お世話をさせて頂いている部署にて従事させて頂いております。
 
お取組み頂いている方からは、日々いろいろなご相談を受けており、
あわただしくしております。
 
 
弊社としては、末永くお住まい続けて頂ければと考えておりますが、
お客様の中には、『ご子息と一緒にお住まいになる事になった』等々、
お取組時のご事情と変わってしまい、
退去する事になってしまったというようなケースもございます。
 
弊社のハウス・リースバックでは、
このような急なご事情の変化にも、
キャピタルゲイン還元制度』というものがありますので、
ご安心頂ければと思います。
 
横文字の名前で、わかりずらいかと思いますが、
こちらの制度は、今のご自宅がご不要になった際には、
弊社にて、売却活動をさせて頂き、
その売却金額に応じ、利益を還元させて頂くという制度になります。
(当社規定に基づく。)
 
これからハウス・リースバックをお取組み頂く方、お取組み中のお客様共に、ご好評を頂いているサービスとなります。
 
ご興味をもって頂いた方は、まずはお気軽にお問合せ下さい!!

f:id:house_leaseback:20170426164724p:plain

 

『追加保証金制度とは!!』

 

こんにちは!ハウス・リースバック事業部の中山です!!

 

 

本日は、改めて追加保証金制度についてお話させて頂きます。

 

 

追加保証金制度とは・・・。

 

まず、ご契約時に追加保証金を差し入れする事で

                                      家賃を下げる事が出来る

また、お預かりした追加保証金は、ご希望であればご返金も可能である

                          (※当社規定に基づく)        

 

 

このように、ご契約者様には商品プランの1つとして『追加保証金制度』

 

ご活用頂いております。

 

 

その事例として

 

「自宅を売却して資金を得ても

新しい土地で生活していくことに不安があった・・・。

担当に相談し、追加保証金制度で毎月の賃料を抑え、年金での生活費

プラス売却で得た資金を貯蓄にすることができ、気持ちにゆとりができた。

将来の不安が解消された。」

 

など、大変ご好評頂いております。

 

 

お客様には、さらにより良いサービスを提供できる様に

 

今後は、お預かりさせて頂いている追加保証金のご案内通知をさせて頂く新サービス

 

も検討しております。

 

 

町のコンビニスタイルのように、いつでも何処でも不動産のことなら

 

ご相談できる企業に向けこれからも、スタッフ一同頑張ります。

 

是非、お問合せ下さい!!

 

 

■「ハウス・リースバック」に関するお客様お問い合せ先

 

                       TEL0120-350-340

http://www.housedo.co.jp/leaseback/

f:id:house_leaseback:20161107115501j:plain

 

病気持ちのご両親のために

こんにちは。渋谷恵比寿店の細川です。
風薫る5月、1年で一番心地よい季節となりました。
仕事にレジャーに最適な時期だと思います。
 
先日ハウス・リースバック契約を頂いたお客様のお話しを紹介させて頂きます。
 
ご両親ともに、病気をお持ちでした。
近所にお住まいのご長男がお二人の面倒をみている状況でした。
相続時に争う事を懸念されて、1年ほど前にお住まいはご長男に生前贈与をされていました。贈与をうけた以降はご長男様が経済的にご両親の生活を支えていたのです。
 
ところが、生活費のみならず医療費の負担は大きいもので資金捻出のためにはせっかく贈与を受けた自宅売却もやむをえないかと考えていたそうです。
売却となると、問題がたくさんありました。
①現住まいが通院している病院に至近距離である。
(引っ越し先を考えるると病院が遠くなる。)
②愛犬も受け入れてくれる物件には限りがある。
③引っ越し作業を両親ができる状況ではない。
 長男ご自身が一人で作業する事になる。
④現金化できる時期がわからない。
(計画がたてにくい)
等々、、、、
 
そんな時、
 
持ち主が住みながら家を売却できるサービス
  
ハウス・リースバック
 
と出会ったのです。
 
売却資金により、医療費やご両親の生活費の心配がなくなりました。
そして、今まで通り住み慣れた我が家での平穏な生活を過ごされております
 
ご長男の顔は安堵感に満ちた笑顔でいっぱいです。
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ハウス・リースバックのお問い合わせは

0120-350-340まで

 

無料のパンフレットもご用意しております。

些細なことでも、お気軽にご連絡ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

ハウス・リースバック好評!

こんにちは。

ハウス・リースバック事業部 京都本店の浅野です。


さて、先日、ハウスドゥの2017年6月期第3四半期の決算が発表されました!

会社全体も好調ですが、ハウス・リースバック事業部にフォーカスして決算内容をお伝えいたします!


保有物件総額
2016年3月末 37億85百万円
2017年3月末 62億69百万円


ということで、一年前と比較するとものすごく数字が伸びていることがよくわかります。
ハウス・リースバックという商品は、ハウスドゥがパイオニアです。

最初は、競争相手がいない中で試行錯誤し約4年経ちました。

競争相手も増えてきている今でも、大きな数字の伸びがあるということは、
ハウスドゥのハウス・リースバックがお客様に支持されているという事ではないかと思います。


そして、ハウスドゥの商品が好評な秘密は、他社には無い下記の3つの特徴ではないかと。。。

 

【ハウスドゥのハウス・リースバックの特徴】

1.賃貸期間はお客様の要望通り

2.再売買の期限がない

3.再売買できなくても退去しなくてよい

 

1.については、賃貸借契約を締結しますが、お客様の要望に応じて、再契約し住み続けることが可能です。

2.については、売却したお家を再度購入する時期に縛りがないということです。
再度購入する価格は契約時に決定致しますが、購入時期については、お客様が購入できる体制が整う時期でいつでもOKです。

3.については、2.の通り再度購入する価格を契約時に決定致しますが、再度購入しないで、ずっと住み続けることもOKです。


如何でしたか。

ハウス・リースバックにご興味がある方は、是非コールセンターへお問い合わせ頂ければと思います。
資料請求されるだけでもOKですよ。

f:id:house_leaseback:20170516101917j:plain

【番外編】

先日、私の勤務する京都本店のある、京都の老舗定食屋 京阪三条「篠田屋」さんに初めて行ってみました!

カレーが大好きな私はこの店にしかないメニュー「皿盛」を注文!
650円で大満足でした~

カツカレーのルーが、カレーうどんのルーなんです!
和風だしがきいているルーがおいしくてとてもよかったですよ。

京阪三条駅のすぐそばで三条通沿いなのでお店もすぐにわかると思います。
お薦めできる老舗定食屋さんでした!

f:id:house_leaseback:20170516101822j:plain

お客様とのエピソード 3

 
こんにちは!
ハウス・リースバック担当の渋谷恵比寿店 渡部です。
 
お客様とのエピソード 3
前回に引き続き、ハウス・リースバックをご契約頂きましたお客様とのエピソードをご紹介させて頂きます。
 
今回のお客様は息子様からのご相談でした。
現在、一人暮らしのお母様をご兄弟で資金的に援助しているが、自分達の生活もあるため、このまま援助し続けていくのは難しいので、何とかならないか?とのご相談でした。
 
お母様と一緒に同居したくても、自分達の家族や住居スペース、また仕事等の様々な問題があるため、同居は出来ません。
しかしながら実家に一人で暮らす母親の年金だけでは暮らしていくのが困難のため、援助という方法しか取れず、数年続けてきたがそれも限界に近づいていると!
いろんな相談を他社にてされたそうです。
リバースモーゲージは年齢で断られ、通常の売却では住むとこが無くなってしまい、高齢のため賃貸も難しい、やはり同居も困難、困り果てていたそうです。
そんな中、ハウス・リースバックのテレビCMを見て、問い合わせをしたとのことでした。
 
なんとお母様思いのご兄弟なんだろうというのが第一印象でした。
 
すぐさま、当社にてハウス・リースバックの提案をし、お取り組みいただきました。
手元資金もでき、家賃も安く取り組めたので、非常に喜んで頂きました。
 
当社のハウス・リースバックをお取り組み頂いたお客様は様々なご事情がありました。
全てのお客様が解決できたわけではありませんが、悩んだらすぐにご連絡下さい。
経験豊富なスタッフが親身になって、ご対応させて頂きます。
 
 
以上になります。
宜しくお願い致します。