ハウス・リースバックBlog

【ハウス・リースバック】住みながらその家を売却できるサービスを紹介するブログです

名古屋城のご紹介

こんにちは。
ハウス・リースバック事業部 名古屋西店 寳門(ホウモン)と申します。

 

私の住んでいる、愛知県名古屋市の名所、名古屋城をご紹介したいと思います。

 

西暦1615年、徳川家康によって建てられた名古屋城
黄金の鯱がシンボルとなっております。

絢爛豪華な本丸御殿、鉄壁の守りを固めた要塞を備え、城郭として国宝第一号に指定された名城でした。

 

戦災で焼失し、石垣のみが残る景色になりましたが、名古屋城再建を願う声が市民から高まりました。

1955年名古屋城再建準備委員会を立ち上げ、1957年天守閣再建に着工し、

2009年本丸御殿の復元整備が始まり、長い年月をかけて、

 

2018年に完成公開を迎えました。
柱、屋根、障壁画、細部の装飾に至るまで、匠の技によって、かつての姿そのままに復元されているそうです。

 

名古屋へお越しの際は、是非、足を運んでみて下さい。

 

 
こちらは 市営地下鉄名城線、市役所駅の入り口です。

 

f:id:house_leaseback:20200219154814j:plain

f:id:house_leaseback:20200219154842j:plain

 

 

f:id:house_leaseback:20200219154903j:plain

 

金のシャチホコがシンボルです。

f:id:house_leaseback:20200219154926j:plain

 
名古屋城周辺には金シャチ横丁がございます。
義直ゾーンと宗春ゾーンがあり、名古屋の名物を楽しむことができます。

f:id:house_leaseback:20200219154950j:plain

f:id:house_leaseback:20200219155014j:plain

f:id:house_leaseback:20200219155024j:plain

f:id:house_leaseback:20200219155036j:plain


こんなソフトクリームがありました。

f:id:house_leaseback:20200219155049j:plain

名古屋観光ルートバス、メーグルバスも通っています。

f:id:house_leaseback:20200219155105j:plain

f:id:house_leaseback:20200219155110j:plain



小さな春を見つけました。

f:id:house_leaseback:20200219155134j:plain

f:id:house_leaseback:20200219155140j:plain



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ハウス・リースバックのお問い合わせは

0120-350-340まで

 

無料のパンフレットもご用意しております。

些細なことでも、お気軽にご連絡ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

九州帰省

 

 こんにちは、ハウスリースバック事業部
サポートの近藤です。

 先日九州へ帰省して参りました。
福岡空港へ降り立った途端、方々から九州訛りが聞こえ
一気にあたたかい気持ちになりました。

普段方言は使いませんが地元へ帰ると方言しか話せなくなるものですね。

 今回の目的は家族に会うこと、95歳の祖母に会うこと、美味しいご飯とお酒を楽しむことでした。

f:id:house_leaseback:20200217085053j:plain


 こちらは地元のアーケード 全長2〜3kmほどあり
歩くと帰ってきたなぁという気分に浸ることができます。

 祖母に会うのは数年ぶりで高齢なこともありどんな様子だろうと多少緊張しておりましたが、心配無用で
以前と変わらず達者なお喋り、
「もう充分生きたばってん心臓の止まらんっちゃんね」
と長寿ジョークを飛ばしておりました。最高の祖母です。笑

その後2日間ほど福岡へ滞在しておりました。
好きな時にラーメンを食べ(赤のれん こちらはコクのあるタイプでした)

f:id:house_leaseback:20200217085131j:plain

夜になれば、兄夫婦とお酒を嗜み大好きな映画トークを展開する私の話を楽しそうに聞いてもらって幸せでした。

そして次の日も

f:id:house_leaseback:20200217085210j:plain
(ラーメンshinshin まろやかなスープと細麺 私はこちらが好みでした) 

のんびり過ごして夜は友人とお酒と美味しいご飯!
ですが2日間とも夕飯の写真がありません、、、
美味しいご飯とお酒は写真を撮る間もなく胃の中へ、、、

f:id:house_leaseback:20200217085202j:plain


パワーをチャージいたしましたので
お客様、職場のみなさんのお役に立てるよう邁進して参ります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

水滴、石を穿つ

 

こんにちわ。
ハウスドゥ!ハウス・リースバック事業部です。

 

2月も半ばとなりました。

 

突然ですが、ウォシュレットトイレをご存じでしょうか?

 

現代社会においてご存じでない方はなかなかいないかと思いますが
念のため説明させていただきますと、
トイレで用をたした後に自動的に局部を洗浄してくれるという
まことに便利な文明機械です。

 

使用方法はいたって単純。
スイッチを押すと水が噴出して局部を(あるいはその周辺を)
洗い流す代物です。――と説明をしているうちに
「今時ウォシュレットを知らない人などいるのか?」
という懸念にとらわれましたが

 

「なにを言う!我が家は汲み取りだ」という
過激な保守派の人もいるかと思うので説明した次第です。

 

そのウォシュレットトイレのスイッチですが
主にコントロールパネルにて管理・運営されていて、
その場所ですが2パターンほどあります。

 

一つは便座の脇、主に右手側の便座と水平位置にあるパターン。
もう一つは壁に掛かる位置に押しやすいように配置されているパターン。

 

一連の流れを文章にするとこうなります。

主に大きい方の話ですが、
用をたした後にウォシュレットのスイッチを押し、洗浄。

適度なタイミングで「止」スイッチを押し、水流を止め
そして備え付けられているトイレ用のペーパーにて拭く。

  

今回は壁に掛かるスイッチにて起こった事件をお伝えし、
ケーススタディとして報告をしようと思います。

 

3年程前の事です。

 

いつものよう仕事をし、事務所トイレにて用をたした後、
いつものようにウォシュレットのスイッチを押し、
いつものように洗浄。
いつものように適度なタイミングで「止」スイッチを押し
水流を止―――!?まらない!
ウォシュレットの水流が止まらないのです。

  

何度「止」のスイッチを押しても止まりません。
連打をしても、強めに押しても止まりません。

あなたは考えたことがありますか?
とまらないウォシュレット。

 

「水滴、石を穿つ」という言葉がありますが
水滴なんてものじゃない!

 

自然とは相反した、重力に逆らった文明的な力にて穿たれる。
―――慌てるな。状況を確認。。。

「止」を押しても止まらない。押した際の電子音がならない。
そう!つまり、コントロールパネルの電池が切れている状態です。

本体へ「止」の電気信号が届いていないという状況。
尻をあげてその場を逃げるか?―――いや、トイレが水浸しにになる。却下

誰か応援を―――いや、こんな姿をさらせない。そもそも立てない。却下

そうだ、電源を抜けば!――着座体制からは手の長さが足りない。断念

そうです。ウォシュレット洗浄中は動けない。
こうしている間にも私の局部は穿たれ続けています。

そう遠くない未来に流尻――いや流血事件になりかねません。
私はコントロールパネルを壁から外し、電池を入れ替えるという単純作業を
繰り返し、本体へのSOS(奇跡の「止」受信)にて事なきを得ました。

後にも先にもその時ほど尻の拭き方に気を遣ったことはありません。
その後、即パネルの電池交換したことは言うまでもありません。
――ウォシュレット、尻を穿つ――

2月14日になると思い出す出来事です。
チョコレートの話ではなくてすいません。

ハウスドゥでは「リフォームリースバック」という商品も受け付けております。
詳しくはハウス・リースバックへお問い合わせください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ハウス・リースバックのお問い合わせは

0120-350-340まで

 

無料のパンフレットもご用意しております。

些細なことでも、お気軽にご連絡ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

選択肢の選別

皆様こんにちは!
ハウス・リースバック事業部の荒木です。
 
契約審査課というところで、
ハウス・リースバックの契約書類の作成などをしています。
作成をしていると本当に色々な案件に出会います。
全国各地色々な地域であったり、
マンション、戸建て、土地のみというような契約があったり。
 
ただ、一つとして同じ契約というのは存在しません。
私たちの生活は便利になって色々な選択肢が増えました。
 
私たちの事業部のハウス・リースバックという商品も新しい選択肢の一つです。
でも、だからこそ選ぶ難しさというのも出てきたように思います。
 
物件と同じく全く同じ人というのが存在しないように、
全員がリースバックを選べば解決するということはありません。
時には売買の方がよかったということもあるかもしれません。
 
ですから、求めるお客様の希望、これからの将来のイメージや
現在のお悩み等をしっかり担当に相談していただいて
ご自分にあった解決策を見つける手段の一つにして下さい。
 
不動産と一括りにいっても多種多様です。
 
売買もあればリバースモーゲージという選択肢だってあります。
ハウスドゥでは「住まいの新しい流通システム」を目標に
様々な部署や関連会社があり、お客様をサポートできる体制があります。
ですから、お気軽にお問合せいただければと思います。
きっと何か私たちがお役に立てることがあるかと思います。
大事な資産、うまく活用してください。
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ハウス・リースバックのお問い合わせは

0120-350-340まで

 

無料のパンフレットもご用意しております。

些細なことでも、お気軽にご連絡ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

仕事と子育ての両立

に入り、一段と寒さが厳しくなってきましたね。
 
こんにちは。ハウスリースバック事業部のです。
私は現在子育て中なのですが、
定時間近になると、営業さんたちも声を掛けてくれ、
早く帰宅出来る様に手伝ってくれています。
 
また、先日社内でランチ会を兼ねて
子供をもちながら働くママ達の意見交換会がありました。
 
ハウスドゥ!には時短制度もあり
子育てと仕事の両立を更に応援してくれています!
 
今女性の社会進出が叫ばれていますが、
まだまだ掛け声だけの会社が多い中で、当社は女性でも活躍出来る職場です!
 
今後も仕事を続けながら、
営業さん達を陰ながら支えていきたいです。
 
 

f:id:house_leaseback:20200206093959j:plain

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ハウス・リースバックのお問い合わせは

0120-350-340まで

 

無料のパンフレットもご用意しております。

些細なことでも、お気軽にご連絡ください!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇