ハウス・リースバックBlog

【ハウス・リースバック】住みながらその家を売却できるサービスを紹介するブログです

現役です!!

こんにちは!
大宮駅前店 ハウス・リースバック事業部 副島(ソエジマ)と申します。
今回 ブログ 4回目の登場でございます。
 
梅雨入りし すっきりしない日々が続いておりますが皆様はいかがお過ごしですか?
コロナウイルスも、第二波を警戒しつつですが平常な生活を取り戻しつつあります。 
私も自衛を怠らず 感染防止に日々努めてまいります。😷
 
 
本日は、私が担当させていただきましたお客様のお話をさせていただきます
 
その方は、80歳をすぎて なお   現役  でお仕事をされておられました。
若いころは、ご自営で会社を経営されておられ収入もかなりございました。
大きな土地に大きなお家にお住まいです。
 
現在、資産はその大きな土地・大きなお家のみでした。
 
その、大きな土地・大きなお家を維持するだけでもお金がかかります。
ご自営だった関係で、年金は月に換算すると10万円前後。
 
 
 
80歳をすぎても働き続けないといけない  😠
 
 
 
今回、不動産を売却して引っ越すことを検討されておられおられましたが、
TVCMで当社のハウス・リースバックをお知りになり、
お問い合わせをいただきました。
 
 
この度、無事にご決済も終わりこれからは、
「少しゆっくりできる」😆
と大変喜んでいただけました。
 
 
いつまでもお元気で、いままで頑張ってこられた分          
これからは、ゆっくりすごしてください。
 
 

f:id:house_leaseback:20200501151228j:plain

「持ち家」か「賃貸か」


皆さまこんにちは。
大宮駅前店の坂上と申します。

コロナウイルスの蔓延も治まりきらない中、
梅雨のじめじめとした気候もかさなり、
気持ちが沈みがちになっている方も多いのではないでしょうか?

政府や自治体のコロナ支援の施策として、
特別定額給付金や、事業者向けの持続化給付金等の支援があります。

賃貸家賃の補助もあるようですが、
住宅ローンに対する支援がある自治体は少ないようです。

「持ち家」が得か?「賃貸」が得か?といった議論も多くなされておりますが、
ハウス・リースバックは「持ち家」を売却し、
「賃貸」でご自宅にお住まいいただけるシステムとなっており、

双方のメリットを享受することができます。

お困りの方はどんなことでもお気軽に下記までご相談ください。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ハウス・リースバックのお問い合わせは
0120-350-340/ハウス・リースバックHPまで!

無料のパンフレットもご用意しております。
些細なことでも、お気軽にご連絡ください!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

税金のお話

ハウス・リースバック事業部

営業2課の細川です。

 

暑くなってきておりますが、お元気でお過ごしでしょうか。

本日は不動産の税金について書かせて頂きます。

 

ハウス・リースバックのお問い合わせを頂いた時に

税金はどのくらいかかりますか?』

という質問をよく頂きます。

 

皆さん税金の事はとても心配になるようです。

 

ただ不動産を売却すれば、必ず税金がかかるわけではありません。

不動産を売却して税金がかかるとすれは、譲渡所得に課税される所得税・住民税です。

これは譲渡した(売った)金額が、取得した(買った)金額より高い場合に課税されるものです。

平たく言うと不動産を売却した際に儲かった場合に税金がかかるという事です。

 

しかも、「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除の特例」があります。

今まで住んでいた家を売却した場合には、売った金額から買った金額と売った時の費用を引き算します。

そこから3000万が控除(引き算)できるのです。

 

※譲渡所得=収入金額-取得費-譲渡費用ー3000万(居住用財産を譲渡した場合)

 

つまり、①利益が出た時のみ課税の対象になります。
②その利益も3000万までは、その家に住んでいたらかからないという事になります。
 
ハウスリースバックを検討されるお客様は、
ほとんどその家に住んでいると思いますので、
3000万控除の対象になる方が圧倒的に多いはずです。
 
自分のお住まいを3000万以下で売却した場合は、
譲渡所得の課税の心配はいらないという事です。
 
もちろん、上記の条件に当てはまらない場合は課税の対象になります。
実際の譲渡所得の課税の計算になるとお話しが少し複雑になりますので、
売却の際は税理士さんに相談の上確認して下さい。
 
皆様のハウス・リースバックへのお問い合わせをお待ちしています。
最後までお読み頂きありがとうございます。

 

参考文献(国税庁ホームページ)

https://www.nta.go.jp/taxes/shiraberu/taxanswer/shotoku/1440.htm

 

※本文の内容について、詳しくは資格のある税理士にお問い合わせ下さい。

 

 

 

f:id:house_leaseback:20200501151228j:plain

 

ピーエムドゥの西島と申します

皆様こんにちは!

 

ブログ掲載2回目になります。

ピーエムドゥの西島(ニシジマ)と申します。

宜しくお願い致します!

 

最近梅雨入りし足元が良くない日が続きますが、皆様はお元気でお過ごしですか。

 

私はピーエムドゥ管理課に異動してきて早いものでまもなく半年を迎えます。

管理課のお仕事とは、

ハウス・リースバックを利用していただく皆様のお家の管理が私のお仕事です。

毎日様々なお客様のお話を聞かせていただいております。

ハウス・リースバックをした日からご退去までの、

すべてに携わらせていただいております。

 

その中でお客様からご退去の申し出があり、

お電話させていただいた時のお話です。

 

そのお客様は1カ月後にご退去したいとのご希望でした。

ご退去までのご説明をさせていただいた後、

私から『ご退去の理由などをお差支えなければお聞かせください』とお伝えすると、

 

『実は、、、息子夫婦と孫と住むの!!!

ハウス・リースバックしたから不安もなくこれからは孫といっぱい遊びに行くの!!』

 

とお聞かせいただき、その後、遊園地や水族館などのお話をさせていただきました。

ご退去当日にお家にお伺いした際には、ご家族でお出迎え頂き、

これからのご家族のお話を聞かせていただきました。

このような新しい門出を見送れるのも仕事のやりがいになります。

これからも頑張っていきます。

 

まだまだ新型コロナウィルスの猛威は油断を許しませんが、

皆様お身体にはくれぐれもご自愛ください。

 

 

f:id:house_leaseback:20200501151228j:plain

 

毎朝コップ一杯の水を飲む

皆さん、こんにちは。

ハウス・リースバック事業部 恵比寿駅前店の岩月です。

 

初夏に入り、少しずつ汗ばむ季節がやってきました。

マスク着用をしながらの外出は、思った以上に熱がこもり、

気付かぬ間に水分不足になってしまいがちです。

 

そんな時は

「毎朝コップ一杯の水を飲む」

というのがおすすめです。

 

人間の体の約60%は水分ですので、

水分の補給と循環は健康維持に必要不可欠です。

 

毎朝、少しでも水分を補給して代謝を高めるように心掛けています。

気軽に始められる健康維持の習慣におすすめです。

 

さて、先日は東北・北海道エリアに行って参りました。

移動の際はマスク着用に加え、控えのマスクを持ち、除菌スプレーを携帯して、

感染予防対策を心掛けております。

 

お客様は、戸建にお住まいの女性の方。

ご主人を亡くされて10年以上お一人で暮らされておりました。

老後の生活資金に加え、まとまった支出に備えて現金を準備しておきたいというご希望がございました。

 

亡くなられたご主人を含め、

ご友人などを呼んで楽しい時間を過ごしていた、

思い出の詰まった我が家を手放すことはしたくない。

 

しかし、高齢という事もあり、またご近所の方とのコミュニティも大事なため、

新しい環境に引っ越すというのは現実的ではありませんでした。

そんな中で、テレビで「ハウス・リースバック」というサービスを知って頂き、

お問い合せを頂きました。

 

住み慣れた我が家を売却するという事への不安が強かったようですが、

自宅を売却した後の流れまでしっかりご理解を頂いた上で、ご自宅に呼んで頂きました。

 

ご自宅の査定もさせて頂き、ご希望に沿う内容で、ご契約をして頂くことになりました。

ご主人様やご友人との思い出の詰まった家を離れることなくお悩みを解決できたという事で、

ハウス・リースバックというサービスを通してお役にたつことができ、

また、ご契約後、ご主人様やご友人との思い出の写真なども見せて頂き、私自身とても嬉しかったです。

 

ハウス・リースバックを検討されるほとんどの方は、

解決が難しく、かつ周囲の人に相談をしにくいお悩みを抱えていらっしゃいます。

いきなりご自宅に伺う事はありませんので、まずは、お電話でご状況をお話頂ければと思います。

 

しつこい勧誘、無理な営業は一切致しませんので、ご安心下さいませ。

お客様にとって、最善の解決策を、一緒に考えていければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。